BAHALA NA! バハラナ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語文法

<<   作成日時 : 2017/12/05 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の開いている英会話教室の先生と、ときどきだが文法に関しての議論になることがある。

議論というほど大げさなことではないのだが、先生が使う英語表現が気になったときに、「その文章の○○は□□でなければいけないのではないか?」と疑義を挟むと、先生は決まって私の意見を否定する。


大概の場合は、私にそれほどの確信がないので、先生の主張に従うことにしているのだが、ときどきどうしても納得できないことがあり、そういうときにはいろいろな例文を持ち出して先生に逆らう。


そうはいっても、私は単なる学習指導の先生で、あちらは英語・英会話の専門の先生なので、敬意を払って、納得が出来なくても最異臭的には先生の言い分に従うことにしている。

納得の仕方としては、おそらく私の知識が古いのか、現実表現にはそぐわないのかもしれない、という感じだ。

日本語でもそういうことはよくあるので、ネイティヴ・スピーカーたちの現状を知らない私には英語の先生にとことん逆らう資格はないと思っている。


でもなぁ・・・・、やはり気になるんだよなぁ・・・。(笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
英語文法 BAHALA NA! バハラナ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる